日記・コラム・つぶやき

2021年2月10日 (水)

森のクマさんに出会ったら

旬の話題をもうひとつ
かねてから保守的である建設業に携わる身としては 雇用機会均等法とやらの恩恵にあずかる機会も乏しく お仕事人生を歩んできた。
セクハラとか パワハラとか 鈍感に 時に笑ってやり過ごして来たことに反省しなくてはいけないこともあろう。
たまには 女性を重用してますよぉ のアピールの一環に巻き込まれたり 「?」や「!!」なことが さまざまあった。
しかしながら 「話が長い」かどうか というより 旧態然とした働きマンの方々にとっても こちらの言動が 逆に「?」だったり「!」だったり したのだろうな。
多様化は ひとつの糧である。と 実を結んで来ていれば ありがたいのだが
「男性並み」に働こうなんて 思ってない。時間でなんぼの量りにかける評価には合わせるのは 機会あって早々に降板した。
合わせるのにムリを感じるのは なんか違う。だからね。国際的な評価にあわせることもないのではないか?とも思う。
みんな違ってみんないい なら 辿り着き方も違っていいんじゃない?
女子には 女子の 日本には 日本の ワタシには ワタシの
多様化でしょ?一本化では ないよね。そんなやり方出来たらいいな。


あったらいいな

あったらいいな を カタチにするお仕事 ではあるのだが
これは 専門外なので あったらいいな~ 即買いだ。
2重マスクが話題である。まだ外は寒いので有効であれば歓迎だ。
でもね 耳が痛いのよ。ひとつでも厄介なのに2つ分はちょっとね。
でね。不織布フィルターのカップ状のが欲しいの。
超立体マスクの耳掛けないバージョン その上にお好きな布マスクとかウレタンマスクとかで抑えるの。
お口廻りに空間が出来れば 活舌が良くなって くっきりすっきり話が出来て お電話も 打合せもスムース
リップもとれないし 良いでしょ。
あったらいいな~ 誰か作ってくれないかな~ もうあるのかな~

2021年2月 5日 (金)

長いのか 短いのか

長さと広さ

ずいぶん前に聞いた話を思い出して調べてみたことがある。

日本の海岸線の長さは33,889km 世界第6位だそうだ。ちなみに1位はカナダ おおきな国である。
私たちのちいさな島国にしては長いような この海岸線を 国民1億2730万人で ひとり当たりにすると 実は 30cmに満たない。
海岸にみんなでズラッと並ぶにはちょっと窮屈な感じ 間違いなく 密!

日本では一番大きな湖 琵琶湖の面積 670.4Km² ひとり当たりは約3帖大 みんなで大の字になっても余裕である。

この世は この国は 広いのだか?狭いのだか?

建設という行為は 大なり小なり 山を削り 木を切り倒し 空を汚しながら加工し運搬し 空を分けてもらって成り立っている。

そうして出来た空間は少なくとも喜んで使ってもらわないといけない。
喜んでいただける空間であるよう努力をしなくてはいけない と 思う。

2021年2月 3日 (水)

カレンダーを作ってみた。

昨年末は ゆるりとお買い物 という気分にもなれず「いつものカレンダー」を買いそびれた。
ならば 作ってしまいましょ と エクセルで カレンダーと手帳を作ってみた。
デジタルなのか アナログなのか ぽちぽちと月日を配っていく度 これからやって来る一日一日が愛おしく感じられるようで
よい日でありますように とか 名もない一日もていねいに暮らそう とか 思った。
1ケ月経過して それは 適当に 雑に なってしまうのだが 日々の大切さは 時々は思い起す。
カレンダー 来年も作ろぉ っと

今日は立春
これから 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨
立夏 小満 芒種 小暑 大暑 立秋 処暑 白露 秋分 寒露 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒
そして また 春

ちなみに「いつものカレンダー」は 月曜始まり派
手帳も 同じく 出来れば4月始まり ご愛用

こいつぁ 春から

2021年 2月3日 立春
日々是ぽこ庵。 新装開店いたしました。

暦の上では 今年は 少しだけ 春が早く来ました。
丙(ひのえ≒南南東)に向かって巻き寿司も食べた。豆も撒いた。
早く 穏やかで 健やかな 日常が戻りますように

その他のカテゴリー